目次

金銭と労力を抑えられます

ウォーターサーバー

水はそのまま飲まなくても、コーヒーやお茶といった飲み物や料理に使われます。人によって使用量は様々ですが、1週間や1ヵ月といった期間で換算すると、結構な量になります。ウォーターサーバーの料金だけを目にすると、高いと感じることもあるかもしれませんが、水を買いに行き、運ぶ労力を考えると、ウォーターサーバーを利用した方がずっと安いことも少なくありません。じっくり検討することが大切です。

レンタルする際はここに注意しよう

ウォーターサーバーをレンタルで利用する際は、解約などの縛りの有無、そして送料やメンテナンスといった部分を確認することが欠かせません。初期投資が少なく、処分は業者に返却するだけという手軽さはレンタルならではと言えますが、業者によって契約内容は変わります。料金が安いと感じても、送料が含まれていなかったり、水漏れなどが起こった際の修理が自己負担であったりということになれば、割高になってしまいます。契約内容はしっかり確認することが大切です。

置き場所や使い勝手もポイントです

ウォーターサーバーをレンタルする際、ウォーターサーバーと水はセットで考えることが基本となります。サーバーとサーバーにセットする水を異なる業者から取り寄せ、利用するといったことは殆どありませんので、水にこだわりがある場合には、水を基準にサービスを選ぶことが大切です。また、ウォーターサーバーを利用する時は、サーバーを置くスペースや使い勝手についても検討しておくことが欠かせません。十分なスペースがないと使い勝手は悪くなりますし、女性と男性では使いやすいと感じる高さが変わります。安いだけでなく、安くて使い勝手の良いものを選ぶことが大切です。

広告募集中